• HOME>
  • 静学ブログ

静学ブログ

2015年07月27日
SGT「静岡地方検察庁・裁判所」
 7月24日(金)、SGT特別講座「静岡地方検察庁移動教室プログラム」を実施し、中学・高校生17人が参加しました。

 今回の講座は、静岡地方検察庁において、検察事務官から日本の司法制度および裁判の流れに関する説明や検察庁の施設見学(日直調室・証拠品庫)を行いました。

 静岡少年鑑別所の法務教官による講話では、参加した生徒と同年代の少年が過ごす、同所の役割について教えていただきました。

 また、静岡地方裁判所では実際の裁判も傍聴し、公判後には幸運にも、担当裁判官・検事・弁護士への質疑応答の時間が設けられました。

 生徒からは、「どうしてこの仕事を選んだのか」「やりがい・難しさ」「少年法」「裁判員制度」など次々に質問がでましたが、裁判官・検事・弁護士の方は一つひとつに丁寧に答えていただきました。

 今回傍聴した裁判が万引き事件だったこともあり、裁判は単に人を裁くだけでなく、裁判官・検事・弁護士が協力して、被告人が立ち直ると信じて更生に導けるよう、それぞれの立場で取り組んでいると生徒たちは感じたようです。

DSC_2287_RDSC_2299_R
DSC_2310_RDSC_2315_R
Scroll up