• HOME>
  • 静学ブログ

静学ブログ

2012年10月30日
【中学】プレテスト&学校説明会

 10月27日(土)、午前中にプレテスト、午後に今年度最後となる学校説明会を開催しました。


 プレテストでは、児童は慣れない60分の試験で少し緊張した様子でしたが、真剣に取り組んでいました。その後、保護者も同席して、国語と算数の解説授業が行われ、注意すべきポイントなどをメモしていました。


Dsc_4842 Dsc_4843 Dsc_4857


 午後からの学校説明会には、小学6年生だけでなく、その他の学年の児童も親子でたくさん参加してくださいました。石田校長による熱のこもった学校紹介のプレゼンに負けないくらい、真剣な表情で話に耳を傾けてくれていました。
Dsc_4858 Dsc_4862 Dsc_4859


 次回の説明会は、本番入試を直前に控え、各教科の傾向と対策について解説する「入試説明会」となります。


<入試説明会>
日時:12月1日(土) 13時30分~
場所:静岡学園高等学校
備考:駐車場はありませんので、徒歩・自転車、または公共交通機関を使ってご来校ください。

2012年10月30日
【高校】第1回学校説明会を開催

 10月27日(土)、今年度最初の学校説明会を本校キャンパスで開催しました。260人を超える生徒・保護者の方々にお越しいただき、体験入学よりもさらに詳しく教育内容について説明を行いました。

 学校説明会は、11月10日、23日にも開催します。

<学校説明会>
日付:11月10日(土)、23日(金・祝)
時間:各日10時~ ※12時終了予定
場所:静岡学園高等学校
備考:駐車場はありませんので、徒歩・自転車、または公共交通機関を使ってご来校ください。

 

Dsc_4830 Dsc_4834

2012年10月30日
【Vol.14】新!静学からの挑戦状

 地球上のどこ国にも四季があるわけではありません。日本はちょうど良い緯度にあるのでしょうか。私たちは木々の様子、風のさわやかさ、カエルの声、自然の様々な変化に季節の訪れを感じます。また四季には、地域によって異なりますが、その地域独特の風物詩があります。今は秋真っ最中ですね。この時期の挨拶には、「紅葉の候」などという言葉も使われます。

 さて問題です。あなたはどのような風景や変化に秋を感じますか。読む人の心にその情景が浮かぶように、今の季節を感じさせる文章を400字以内で書いてください。



下記の方法でお送りください。※氏名、住所、電話番号も記載してください。

①FAX(054-200-0195)

②メール(info@shizugaku.ed.jp

③郵送(〒420-0833 静岡市葵区東鷹匠町25 静岡学園中学校・高等学校)

2012年10月30日
【Vol.13】新!静学からの挑戦状(解答)

【問題1】
 59_4 を2つの異なる分子が1の分数の和に表す訳ですから、このままでは上手くいきません。

 例えば、分母・分子に2をかけます。 59_41018_3Photo_3Photo_2

 この時、大切なポイントがあります。分子の10を2つの異なる数に分けるのですが、その2つの数は18の約数でなければならないということです。

 18の約数を考えます。
 ①,②,3,6,⑨,18です。

 足して10になる2つの約数、すぐにわかりますよね。1と9です。
 したがって、 59_41018_319_211812 がわかります。

【問題2】

 【問題1】の解答方法が理解できればいくらでも長い異なる分数(分子1)の和に表すことができます。

 でも上の解法でわかる様に、59_4M_2 としたときの、mの約数がわからないと困りますので、少し工夫が必要です。

 私の解答を見てください。

 

59_4925A_2 =a×a)、9=3

分子=5×2 ×5 =500です。何のために分母=2×3×5としたのか。この方が約数を見つけるのが簡単だからです。分母の約数は、27個あります。(何故かわかりますか)

その中で、できるだけ多くの約数で合計が500になるようなものを探せばよいのです。

2×3×5の約数、{1,2,3,4,5,6,9,10,12,15,18,20,25,30,36,45,50,60,75,90,100,150,180,225,300,450,900}、

大きい約数を選んでいくと、約数の数が少なくなりますから、小さい約数から選び、合計が500になるようにします。

1+2+3+4+5+6+9+10+12+15+18+20+25+30+60+100+180=500

よって
59_4900_2

  =900a_2450_33002251801501009075_2605045363015912_2 というのはいかがですか。



2012年10月29日
SGT「作曲の方法」生徒の作品

 SGT特色ある講座のひとつ「作曲の方法」で、生徒が作曲した作品が完成しました。

 講座では、歌詞に曲をつけ、曲にコードをつけて各自で作品を発表し合います。発表方法は「ピアノ」「ギター」「楽譜」のいずれかとしています。更に上級者は、ピアノ伴奏や吹奏楽への編曲にもチャレンジする予定です。ジャンルはポピュラー音楽で、和声学や対位法など専門的なことは扱いませんが、作曲に必要な音楽理論は学習します。

 今回、編曲(伴奏作り)は担当教員が行いましたが、メロディーはすべて生徒のオリジナルです。最初の4小節を講座の中で受講生徒全員で作り、その後に続くメロディーを作曲しました。

ぜひ一度聴いてみてください。

作品をダウンロード

2012年10月26日
体育大会

 前日は天候がすぐれず、10月24日(水)に順延されましたが、秋晴れで絶好の体育大会日和となりました。赤・黄・青の3つの色に分かれて、各競技で熱戦が繰り広げられました。


▼開会式
Dsc_3136_r Dsc_3144_r Dsc_3149_r

▼100㍍走
Dsc_3196_r Dsc_3267_r Dsc_3286_r

▼3人4脚リレー
Dsc_3337_r Dsc_3383_r Dsc_3354_r

▼クラス対抗リレー
Dsc_3406_r Dsc_3533_r Dsc_3598_r

▼長縄跳び
Dsc_3544_r Dsc_3667_r Dsc_3709_r

▼中学 玉入れ
Dsc_3716_r Dsc_3749_r Dsc_3760_r

▼棒とびリレー
Dsc_3766_r Dsc_3872_r Dsc_3876_r

▼障害物競走
Dsc_3889_r Dsc_3893_r Dsc_3930_r

Dsc_3948_r Dsc_3965_r Dsc_3979_r

▼部活動対抗リレー
Dsc_4056_r Dsc_4101_r Dsc_4145_r

▼中学ダンス
Dsc_4154_r Dsc_4159_r Dsc_4164_r

▼中学組み体操
Dsc_4172_r Dsc_4208_r Dsc_4240_r

▼百足競争
Dsc_4274_r Dsc_4298_r Dsc_4322_r

▼綱引き
Dsc_4366_r Dsc_4404_r Dsc_4418_r

▼騎馬戦
Dsc_4501_r Dsc_4527_r Dsc_4543_r

▼クラス対抗リレー決勝
Dsc_4577_r Dsc_4635_r Dsc_4679_r



2012年10月25日
【Vol.11】新!静学からの挑戦状(解答)

【問題1】
まず、この問題のポイントを整理しましょう。何も考えずに解こうとしてもよい結果にはならないでしょう。

①ダイヤモンド大は「大」、中は2個あるので「中1」「中2」、小は5個あるので「小1」「小2」「小3」「小4」「小5」と表記します。
②「大」は1個なので、天秤にのせても比べることはできません。
③「中」は2個あるので、必ず両方に「中1」、「中2」を別々にのせます。
④最初は次の2通りしかありません。(よく考えてください)
(ケース1)
Q111

(ケース2)

⑤軽い方に偽物があり、つり合えば残りの中に偽物があります。
Q112

<1回目>
ケース1ではできないことを確かめてください。よってケース2の場合を考えます。

(1)両方がつり合った場合、「大」または「小5」が偽物の軽いダイヤモンドです。
<2回目>
Q113
偽物は「大」です。

<2回目>
Q114
あり得ません。なぜなら、「小1」は本物だからです。

よって、

Q115
「小5」が偽物のダイヤモンドです。

(2)両方がつり合わなかった場合
Q116

この場合だけ考えれば、反対の場合も同じように考えればよいです。明らかに「中1」「小1」「小2」の3つの内、1つが偽物です。

<2回目>
「小1」と「小2」だけ比べればよいです。
Q117
つり合えば、残りの「中1」が偽物です。

Q118
つり合わない場合、軽い「小1」が偽物だとわかります。

【問題2】
 解答を読めば、「ああそうか」と納得する人も多いと思いますが、なかなかの難問です。

<Step.1>
まず等脚台形において、∠ABC=∠DCB=60°であることを下図1で確かめてください。

[図1]
Q111
これは有名な直角三角形で∠ABC=60°になることを知っていますね。
※同じ三角形をくっつければ正三角形ですからね。
Q112


<Step.2>
[図2]
Q113_2

当然、BAの延長とCDの延長の交わった点をOとすれば、△OBCはいっぺんが8㎝の正三角形です。








<Step.3>
[図3]
Q114_2

 図3のように、∠DCE=120°で、CE=3㎝になる点をEとし、EとD、EとBを結びます。












<Step.4>
Q115  Q116

 この2つの三角形は全く同じ三角形です。
よって、DB=DEということと、∠ABD=∠CDEということがわかります。

さらに、三角形の内角の和は180°ですから、∠ADB+∠ABD=∠ADB+∠CDE=60°です。

よって、△DBEは、DB=DE、∠BDE=60°ですから、正三角形です。

<Step.5>
Q117_3  
 図のように、三角形の面積を、S、T、Uとしよう。

 S:T=3:5

 だから、T=Q117a

 


 ヒントから、△OBC=S+T+U=Q118_2 S=64_2

U=64_2S-(S+Q117aS)

 =6424 S=40

だから
S:T:U=S:Q117aS:40S=9:15:40

<Step.6>
 さて、いよいよDBの長さを求める訳ですが、△OADの面積と△DBFの面積の比がわかればヒントを使ってDBの長さが求められます。

 簡単にするために、S=9、T=15、U=40と考えてしまいます。

△DBF=□DBFC-△DFC

    =△DBC+△BFC-△DFC

△DBC=40

△BFC=△BDE(3つの辺の長さが同じ三角形だね)=24

これから

△DBF=40+(9+15)ー15=49

さあ、正三角形2つの面積を比べると

△OAD=9、△DBF=49

よって、OA=3だから、DB=7だね。
(これはちょっとわかりにくいかな。)

2012年10月20日
【Vol.13】新!静学からの挑戦状

 皆さんにとっては簡単な問題かもしれません。分数の問題です。

【問題1】
 5/9=1/□+1/△の様に分子が1の二つの異なる分数の和に表しなさい。一つだけでなく色々な分数の和があれば示して下さい。

【問題2】
 次に5/9を同様に分子が1で分母が異なる、出来るだけ多くの分数の和で表して下さい。どのくらいたくさんの分数の和に表わせるか楽しみです。

2012年10月20日
【Vol.12】新!静学からの挑戦状(校長の解答)

 日本人、日本の良さとは何でしょう。日本人が感じていることと、外国の人が感じている事は異なるかもしれません。でも大切なことは皆さん一人ひとりがどう思うかです。そして私はそのことを考えるとき、日本の「独自に文化の良さ」と日本人の「人の在り方の良さ」をよく見てほしいと思うのです。日本の文化の独自性は、茶の「わび・さび」だけでなく浄瑠璃・狂言、浮世絵・俳句・和歌などにみる言葉や表現の独特な日本人ならでは感ずる情感や美しさです。

  「日本人」としての性格の良さは、謙虚さ、勤勉さ、和を求める心などでしょうか。東日本大震災における日本人の行動は広く世界の人々に評価されています。暴動も起こりません。破壊も起こりません。略奪も起こりません。どんな時でも秩序を守ります。日本人は自己表現は下手と言われますが、自分が困難にある時、他者のことも同じように考え、忍耐しようとするがまん強さや奥ゆかしさがあります。日本人は本当に素晴らしいと思います。

2012年10月18日
芸術鑑賞(クラシックコンサート)

 10月17日(水)、静岡市民文化会館で芸術鑑賞を行いました。本校では、年ごとに音楽・古典芸能・演劇を順番に鑑賞することになっていますが、今年は音楽の年にあたり、東京サロンシンフォニーオーケストラ(指揮:高橋勇太氏)によるクラシックを鑑賞しました。


 公演では、演奏だけでなく、オーケストラを構成する楽器の音の違いを聞き分けたり、テノール歌手の迫力ある歌声を聞いたりすることができました。


Dsc_2963_r Dsc_2971_r Dsc_2976_r

Dsc_2985_r Dsc_2991_r Dsc_2997_r

Dsc_3021_r Dsc_3029_r Dsc_3036_r

Dsc_3043_r Dsc_3060_r Dsc_3098_r


Scroll up