• HOME>
  • 静学ブログ

静学ブログ

2014年06月30日
【Vol.3】新!静学からの挑戦状
 【Vol.1】の問題はかなり難しかったですね。できなくても自信をなくさないでください。

 今回の問題、解法はいくつもあります。できるだけ良い方法を考えるための問題です。「良い方法」とは、簡単・明解であること、他にも応用できる方法です。

【問題1】
 1から20までの自然数を加えたらいくつになりますか?

 答えは210です。

 問題はどのように計算すると早く計算できるか。

 あなたが「良い方法だな」と思う方法を5つ考えてみてください。

【問題2】
 【問題1】は、自然数を1から20まで計算する工夫をしてみました。

 では自然数でも1から始まる奇数の和を計算する工夫にはどんなものがあるか考えましょう。

 【問題1】にある「1+2+・・・+20=210」という結果を用いるやり方や【問題1】であなたが考えた計算の工夫も考えてみましょう。

 1から始まる奇数を20個加えてください。どのように求めますか。


下記の方法でお送りください。※氏名、住所、電話番号も記載してください。

①FAX(054-200-0195)

②メール(info@shizugaku.ed.jp

③郵送(〒420-0833 静岡市葵区東鷹匠町25 静岡学園中学校・高等学校)
2014年06月30日
【Vol.2】新!静学からの挑戦状(解答)
 私は65才の大人です。年を重ねれば重ねるほど失敗も多く経験します。その失敗も皆さんに話せる失敗と恥ずかしくてとてもお話しできない物があるのです。失敗を好んでする人はないでしょう。やはりこころは傷つきます。失敗するのはいやです。

 小学校の漢字のテストの時カンニングをしてほかの生徒に見つかり大きな声で「カンニングしている」と言われました。すごく恥ずかしかった。当然、見つかったのが失敗なのではなく、カンニングをしたことが失敗です。(カンニングのことを話していると言うことはもっと大きな失敗もしていると言うことですよ)見つかって良かったのです。恥ずかしい思いをして「失敗だ」と気づいたのですから。自分の弱さを知りました。カンニングは「人をごまかすだけでなく自分自身をごまかす行為だと知りました。そして、担任の先生の優しさを知りました。

 私は特に嫌いな二つの言葉があります。「卑怯」と「「自己保身」です。実は中学2年生の英語の授業中、隣の席のK君とおしゃべりをしていました。先生に見つかってしまいました。何故かK君だけが前に呼び出されいきなりひどく殴られました。(何故か?私はクラスの委員長で英語も当時は良くできた方だったからかもしれません。)私は言えなかった。「先生、何故君だけ殴るんですか。僕も一緒におしゃべりしていました。僕も殴ってください。」何も言わなかった僕をK君は責めませんでした。私の弱さは、誘惑に負けてカンニングをしてしまう弱さだけでなく、卑怯で自分だけを守ろうとする「自己保身」というエゴイズムに満ちた弱さをも教えられました。65才の今も弱い人間であることは変わりませんが「卑怯」と「自己保身」という言葉を忘れず、できる限り自己に恥じない生き方をしたいと思うようになりました。
2014年06月24日
【中学】石田校長による数楽講座
 6月24日、この日から中学3年生が沖縄修学旅行に出発したのに伴い、石田校長が代講で中学1年生に数学の授業「数楽講座」を行っていました。

 普段の授業とは違う雰囲気・内容で、頭を悩ませながらも一生懸命考え、問題を解いている姿が見られました。

DSC_0593 DSC_0592
2014年06月24日
生徒会選挙立会演説会
 6月23日(月)、「静学祭」運営の大役を果たした現在の執行部に変わり、新しく静岡学園を牽引していく生徒会長と副会長を選ぶ、立会演説会が行われました。

 立候補者と応援者の演説が行われ、静岡学園をどのように引っ張っていくか力強く決意が述べられていました。6月27日に投票が行われます。

DSC_0565 DSC_0580
2014年06月23日
第28回静学祭を開催しました。
 6月21日(土)、第28回静学祭が行われました。梅雨の時期で、雨が心配されましたが、最後まで天候は崩れることなく、たくさんのお客様にお越しいただいて非常に盛り上がった文化祭となりました。

 体育館のステージでは、合唱部、応援指導部、吹奏楽部が日ごろの活動の成果を発表しただけでなく、今年3月に生徒が主体的に計画した「東日本震災ボランティア臨地研修会」の報告も行われました。伝聞ではなく、自分たちが訪れて実際に見た被災地の状況、現地高校生徒との交流の様子を紹介してくれました。

 また、工夫を凝らしたクラス別の展示や模擬店も多数出店され、生徒だけでなく、保護者や地域の人々など、静岡学園を取り巻くすべての人々に楽しんでいただくことができたようです。

DSC_0143_RDSC_0145_RDSC_0147_R
DSC_0119_RDSC_0078_RDSC_0084_R
DSC_0168_RDSC_0173_RDSC_0180_R
DSC_0180_RDSC_0186_RDSC_0187_R
DSC_0201_RDSC_0219_RDSC_0225_R
DSC_0231_RDSC_0239_RDSC_0244_R
DSC_0338_RDSC_0345_RDSC_0388_R
DSC_0409_RDSC_0428_RDSC_0434_R
DSC_0435_RDSC_0438_RDSC_0442_R

2014年06月20日
【Vol.2】新!静学からの挑戦状
【問題】
 「成功」と「失敗」、人は生きている限り幸せな人生を送りたい。豊かな人生を送りたい。そのために具体的な目標を立てそのことに挑戦しようとします。でも長い人生の中では成功だけということはありえません。失敗も多く経験します。私はよく「努力の前に壁はない」という古橋広之進さんの言葉を借りて「努力すれば必ず夢はかなう」と生徒たちに話します。何か矛盾したことを言うようですが、一方で「失敗する事も良い人生を送るためには大切な経験だ」と考えてもいます。

 さて、そこで「表現」の最初の問題は、皆さんの具体的な失敗体験を書いてその失敗からどのようなことを学んだか。そして「失敗することの大切さ」についてどのように考えているかを600字程度で表現してください。「よく考えて書く」ことが大切ですよ。


下記の方法でお送りください。※氏名、住所、電話番号も記載してください。

①FAX(054-200-0195)

②メール(info@shizugaku.ed.jp

③郵送(〒420-0833 静岡市葵区東鷹匠町25 静岡学園中学校・高等学校)
2014年06月20日
【Vol.1】新!静学からの挑戦状(解答)
 皆さんこんにちは。第1回の問題「どこから手をつけたらいいのか分からない」という感想を持った人も多いでしょう。たとえ正解を見つけることができなかった人でも「僕はダメだ」と決して思わないでください。自分で考える「こうかな、いや違う、この方法は?ダメだ。」と試行錯誤しながら考えることで自然に後半の力がついてくるのです。

 実は正六角形を正三角形とした同じ問題が1989年度の広島大学の入試問題として出題されています。

【Vol.1解答例】

(図1)
ans1図のように正六角形を一辺の長さ1㎝の6つの正三角形(A,B,C,D,E,F)に分割する。

7つの点を取るのだから、「鳩(ハト)の巣原理」から少なくとも1つの正三角形に2つ以上の点が入る正三角形があることにしよう。

その正三角形はどれも同じ大きさだからどれでもよい、仮にAとしよう。



(図2)
ans2三角形の3つの頂点をO,P,Qとし、2点をR,Sとする。

RSがOP=OQ=PQ=1より小さいことを示せばよい。

Rから頂点O,P,Qまでの長さOR,PR,QR。

Rを中心にPRを半径にして円を描く。


(図3)
ans3PRが一番長いので、当然O,Qは円の内側に入るか、円周上にある。

RSと円との交点をS'とすれば、図はRS≦RS'=PRであることを示している。(1)








(図4)
ans4次にPを中心に半径PQ=1の円を描く。

Pと円周上の点との距離はPQ=1であり、Rは必ずその円の内側にあるので、PRが1より長くなることはない。(2)

よってRSは1より長くなることはない。





2014年06月19日
第28回静学祭(一般公開)のご案内
日 時:6月21日(土)9:00~15:00(入場は14:30まで)


会 場:静岡学園中学校・高等学校(教育棟・体育館棟・図書館棟・グラウンド)

内容:クラス展示、模擬店、文化部発表、有志発表など
<バザー>10:00~
<サッカー招待試合>11:30~(清水東)
<中学入試相談>10:00~14:30 ※新しい学校案内を配布

shizugaku

2014年06月10日
SGTグローバルセミナー
 6月6日(金)、国内の国際関係系学部進学希望者および海外大学を併願で受験する希望者を対象にしたSGT教養・進学講座「グローバルセミナー」を開講しました。

DSC_9910DSC_9916DSC_9922

2014年06月10日
【Vol.1】新!静学からの挑戦状
 私は静岡学園の「数楽博士」石田邦明(いしだくにあき)です。どうぞよろしくお願いします。本を読むことや短いエッセイを書くことも好きです。これから皆さんに毎月0のつく日(すなわち10日、20日、30日)に「算数」と「表現」(あるテーマについて自分の考えを600字あるいは800字以内で書く)の問題を出していきます。どうか積極的にチャレンジしてください。

 記念すべき平成26年度第1回の問題は「算数」の問題です。

【問題】
zukei 右の図のような一辺が1㎝の正6角形があります。この図形の内部に7つの点を取ります。(内部とは、正6角形の辺上の点を含まない内部のことです)7つの点をどのようにとっても2つの点の距離が1より長くならない2点があることを説明しなさい。


【ヒント】
 算数(数学)を勉強する意義は、「計算が出来る」こと、「図形の性質を知る」ことはもちろん、それよりずっと大切なことに「順序立てて考える(論理的に考える)」ことや問題を解決するためのアイデアを考えることにあります。

 この問題を解くためには後半の力が重要になります。そこでヒントですが「7は6より1多い」ということです。このことが何故大切なアイデアか。ここに6つの巣箱があって7匹の鳩がいて全部の鳩が巣箱に入ろうとすると、必ず1つの巣箱に2匹以上の鳩が入った巣箱がある」と言えますね。これを「鳩の巣原理」といいます。意外と活用方法が多いんですよ。
Scroll up