• HOME>
  • 静学ブログ

静学ブログ

2015年09月30日
【Vol.8】平成27年度「新!静学からの挑戦状」
 私たちにとって「自由」はとても大切な権利です。でも「自由」が保障されていない国もあります。「自由」の反対の言葉は何でしょうか。「拘束」「束縛」「制限」などの言葉が浮かびます。古代ギリシャの国には「自由人」と「奴隷」がいました。中世いや近代まで「奴隷貿易」があったのですから驚きです。人が奴隷として売買されていたのです。

 さて、みなさん自分自身のことを考えてください。みなさんは「自由」ですか。人間として、個人として「自分は自由か」という事を考えてください。

 そして今回の問題です。あなたは、自由ですか、自由ではありませんか?あなたにとって自由とはどのようなものか、600字以内であなたの意見、考えを自由に書いてください。


下記の方法でお送りください。※氏名、住所、電話番号も記載してください。

①FAX(054-200-0195)

②メール(info@shizugaku.ed.jp

③郵送(〒420-0833 静岡市葵区東鷹匠町25 静岡学園中学校・高等学校)
2015年09月30日
【Vol.7】平成27年度「新!静学からの挑戦状」(解答)
図1
Q7-1

 まず図1の場合、碁石の数をS(n)として、S(n)をnの式で表してみましょう。

 それほど難しくはありません。S(n)=2n+2(n-2)=4n-4です。

 図2が主張しているのは、n=5の場合、S(5)=16=4²ということにすぎません。

 従って問題はn=5が1番目の条件に合う数と考え、
S(n)=4n-4=m²(mは自然数)となるmを見つけることです。
m=4で一番小さい数です。

 ここで、次はm=5と考えると、
S(n)=4n-4=5²=25
4n=29ですから、これは条件に含まれないことになります。

そこで、
S(n)=4(n-1)と変形します。
       =2²(n-1)=m² これでmは偶数とわかります。

m=2m'(m'は自然数)としてみれば、
S(n)=2²(n-1)=2²×m² よってn-1=m'²(※)という関係がわかります。
m'=2 (m=4)のときがn=5ですね。

では次は
m'=3 (m=6)の時を考えます。

(※)からn-1=3²=9ですから、n=10

この時、確かにS(n)=4×(10-1)=36=6² になりますね。

次を考えましょうか。

m'=4とm'の値を1つ増やせばよいのです。

するとn=16+1=17

S(17)=4×16=64=8² ですね。


もうわかりましたね。だから10番目に正方形に並ぶのはm'=11の時です。

よって
n-1=11²=121、n=122

S(n)=4×(122-1)=4×11²=22² です。

よって答えは、n=122 です。いかがですか。

「未知なる数をnで表す」のは、便利なものですね。

2015年09月15日
【Vol.7】平成27年度「新!静学からの挑戦状」
 私は囲碁が大好きです。「囲碁の楽しさ」のことを「烏鷺の快」と言います。

 「烏」は「カラス」ですから黒石、「鷺」は「サギ」ですから、白石を表しています。面白いですね。さて、碁石に関する問題を出します。

 (図1)のように正方形に並べた碁石があります。(黒石でも白石でもかまいません) 一辺の碁石の個数をnとします。nが5以上(n≧5)の場合を考えます。

(図1)
Q7-1

 例えばn=5のとき、碁石は16個ですね。従って元の形から(図2)のように全部つめて並べると4×4の正方形に変わります。

(図2)
Q7-2
 では5≦nで(図2)のような並べ換えを行ったとして、10番目に大きな正方形に並べ換えられるのはnがいくつの時ですか。考え方をしっかり説明してnの値を求めてください。


下記の方法でお送りください。※氏名、住所、電話番号も記載してください。

①FAX(054-200-0195)

②メール(info@shizugaku.ed.jp

③郵送(〒420-0833 静岡市葵区東鷹匠町25 静岡学園中学校・高等学校)
2015年09月15日
【Vol.6】平成27年度「新!静学からの挑戦状」 (解答)
 正直に言えば、高校生まで読書はあまり好きではありませんでした。「学ぶ」こと(学校の授業)は好きでしたが、図書館に行って本を借りてきたり、本屋さんでお金を出して本を買ってまで読もうとは思いませんでした。現在も「読書を本当に好きか」と聞かれたら、答えに困るでしょう。でも、高校一年生のあるきっかけから読書をするようになり、これまで五十年以上本を読み続けてきて、「読書の楽しさ」が少しは分かったつもりになっています。そんな私が考える「読書の喜び」「読書の大切さ」を一言で言えば、「自分の世界が、宇宙が限りないほど大きく広がる」ということでしょうか。

 本と言っても色々な本がありますね。絵本、図鑑、写真集、美術全集、百科事典、これらを頭に描いた人はあまりいないかもしれませんがこれらも立派な本です。小説、詩集、ノンフィクション、評論そして人文科学、社会科学、自然科学の専門書など本の種類は上げればきりがありません。読書の楽しさ、喜びと言ったらとんでもない世界に飛び込んで様々な経験をしたり、自分では成れそうもない「宇宙飛行士」、「俳優」、「探偵」、「億万長者」、あるいは世界を救う英雄に自由になり、その気持ちを味わうことが出来ることです。「どきどき、わくわく」の驚きや発見は感動的です。さらに「知る」、「体験する」、「感ずる」、そして自ら考えることを通して自分の世界を大きく広げることが出来るのです。実際の地球上の問題や宇宙のこと、さらに過去や未来へも世界が広がります。そんなに読書が好きではない私もきっとこれからも本を読み続けずにはいられないでしょう。
2015年09月11日
【中高】第11回中部地区私学展のご案内

 10月18日(日)、グランシップで行われる第11回中部地区私学展に本校も参加いたします。ぜひご参加ください。

日時:平成27年10月18日 10時~15時
会場:グランシップ6階 展示ギャラリー・交流ホール

2015私学展A4チラシ

2015年09月04日
【法人】大化け提案&ひとり一善二改革運動
 学校法人新静岡学園が運営する静岡産業大学及び静岡学園中学校・高等学校の静岡、藤枝、磐田3キャンパスの全事務職員約80名が、昨年6月1日から本年5月31日までの1年間取り組んできた「大化け提案&ひとり一善二改革運動-for CHANGE & EVOLUTION」が終了しました。

 本年度は、昨年度を大きく上回る積極的な提案や業務改善事例が報告されました。全体の報告件数は318件(昨年度291件)となり、その中から選考された優秀事例6件の発表と表彰が、さる8月20日、静岡産業大学経営学部(磐田キャンパス)に全事務職員が集まって行われました。審査に関しては、昨年度に引き続き、学外有識者の方々、また、本年度からは、各キャンパスの女性教員3名、大学生2名を含む45名に審査員をお願いし、より公正で多様な視点から優秀事例を選出しました。当日は、審査をお願いした学外有識者、学長、学部長、校長、女性教員の方々が出席のもと、大坪理事長から、最優秀賞はじめ各賞の表彰状と副賞が贈呈され、各受賞者に対して労いと感謝のことばがかけられました。

IMG_5510-thumb-300x200-20479

詳細は下記をクリックしてご覧ください。


H27大化け提案&ひとり一善二改革集計.pdf


平成27年度大化け提案&ひとり一善二改革運動表彰.pdf


 来年度で大化け提案&ひとり一善二改革運動は、いよいよ10年目を迎えます。来年度は今までの活動を踏まえた上で更なる活動の進化を目指していきま す。新静岡学園は、急激に変化する経営環境に対応していくため、全職員が改革、新しい取り組みを提案、実行することを推進していきます。

 
 また、同日開催された事務職員合同研修会では、「いま、地方大学は、如何に改革を前進させているか-マネジメント改革の動向と職員の役 割」というテーマで、桜美林大学教授、日本福祉大学学園参与の篠田道夫先生にご講演いただきました。現在、地方大学がどのようにマネジメント改革を進めて いるか、そして、今後の学校経営において事務職員の役割がいかに重要であるかを理解することができました。


IMG_5631-thumb-300x200-20482

Scroll up