• HOME>
  • 静学ブログ

静学ブログ

2015年10月30日
【Vol.10】平成27年度「新!静学からの挑戦状」
 10月24日のプレテストはいかがでしたか。緊張して十分力が発揮できなかった。苦手なところが見えてきた。これから試験まで頑張って絶対合格するぞ。色々な感想があり決意をされたと思います。まだまだこれから君達は伸びますよ。頑張って勉強してください。忙しいとは思いますが、挑戦状もチャレンジしてください。

 さて今回の問題ですが、季節は秋です。自然が一番美しい時期だと思います。あなたはこの季節、海や山、自然の中に入っていって「ああ、なんて美しいんだろうと感動した景色やものがあったはずです。それが何か教えてください。そしてその美しさはどんな美しさなのか私に伝わるように600字以内で表現してみてください。秋のどんな光景に君達は一番感動するんだろうか。楽しみにしています。


下記の方法でお送りください。※氏名、住所、電話番号も記載してください。

①FAX(054-200-0195)

②メール(info@shizugaku.ed.jp

③郵送(〒420-0833 静岡市葵区東鷹匠町25 静岡学園中学校・高等学校)
2015年10月30日
【Vol.9】平成27年度「新!静学からの挑戦状」(解答)
【問題1】
q9a1 q9a2 q9a3


q9a4-2


そこで、
q9a7
2つの図形の対称の中心を通る直線を考えます。

①+③=②+④(大きい長方形を二等分している)
③=④(小さい長方形を二等分している)
よって
①=②ですね。

q9a8   q9a9

上記の解説を考えれば明かですね。


【問題2】
q9a10

ADの中点E、BCの中点をFとする。
EFが台形ABCDの面積を二等分していることは、台形の面積=(上底+下底)×高さ÷2の式から明かですね。
大切なことは、これで終わらないことです。他にないか考えましょう。
実際には条件を満たす点は無限にあります。
しかし理論的に自分で見つけ引くことができるものを探したいですね。

q9a11

このような図形を作ると平行四辺形になります。
台形ABCD=△ABFは分かりますね。
BFの中点Gを考えます。△ABG=1/2△ABF=1/2台形ABCDですね。

q9a12

同様にFCの中点をGとします。
△DGC=1/2△DFC=1/2台形ABCDですね。


q9a13

さてどう考えたらよいでしょうか。
四角形△ABCDを△ABDと△BCDの2つの三角形に分けてみます。

三角形の面積=1/2×底辺×高さですね。

ここでそれぞれの三角形の底辺をBDと考えます。
するとa、bはそれぞれの三角形の高さになります。
底辺がBDで高さが1/2(a+b)の三角形の面積は、四角形ABCDの面積の半分であることが分かります。
条件を満たす一本の直線を見つけなければいけません。
そこでCを通り、BDに平行な直線CEを引き、Aから垂線をおろした点をFとすれば、AF=a+b、AFの中点をGとします。
ここからまた考えなければいけません。一本の直線を見つけます。
Gを通り、BDに平行な直線HIを引きます。
BIは一本の直線で四角形の面積を二等分しています。
HDも同様です。いかがです。まだ他にもありますよ。



2015年10月15日
【Vol.9】平成27年度「新!静学からの挑戦状」
 皆さんは対象な図形について勉強したでしょう。それも線対称、点対称と2つの種類の対象な図形について勉強しました。(図1)はどの図形も点対称な図形です。

(図1)
図1 図2 図3

「・」はそれぞれ「対称の中心」です。

 ここで知って欲しいことがあります。点対称な図形は対称の中心を通るどんな直線によっても面積が二等分されるということです。

 さて、図形の面積を二等分する問題を2題出します。


【問題1】次の斜線を引いた部分を1本の直線で二等分してください。


図4


図5


図6


【問題2】次の図形について、1本の直線で面積を二等分する直線をできるだけたくさん見つけてください。

台形
図7


任意の凸四角形

図8


下記の方法でお送りください。※氏名、住所、電話番号も記載してください。

①FAX(054-200-0195)

②メール(info@shizugaku.ed.jp

③郵送(〒420-0833 静岡市葵区東鷹匠町25 静岡学園中学校・高等学校)
2015年10月15日
【Vol.8】平成27年度「新!静学からの挑戦状」(解答)
 今回のテーマは「自由」でした。皆さんに「自由ですか?」と問いかけながら、「人間として、個人として」とあえて付け加えています。私たちにとって「自由」を保障してくれるものは何でしょう。また「自由」を制限するものは何でしょう。憲法には人間の「基本的人権」として「自由権」をあげ、具体的な自由について記述されています。しかし、その一方でその個人の自由を制限する条文もあります。基本的に他の人も同じように自由であるべきですから、自由と自由がぶつかったとき、他の人の自由をどうしたら奪わないで互いに幸せになるか、を考えて自由を制限する法律が出来ています。

 私が「人間として」と書いたのは、日本人であれ、どこの国の人間であれ「基本的に人間は誰にも拘束されず自分の思うままに行動する自由を持っている」と考えられています。「個人として」と考える場合、私たちは「日本人である」「静岡県民である」「○○小学校の生徒である」「△△家の家族である」であって、当然そこに生きている限り自由も「制限」されるはずです。もちろん憲法が保障している自由は守られるはずですが、しかし、学校や家庭では少し状況が異なりますね。校則や約束事があるはずですから。ですから基本的にはその国の憲法を見ればその国の「自由に対する考え方」が分かります。日本は確かに自由な国ですね。感謝です。

 でも私が本当に君達に考えてもらいたかった「自由」は少し違います。それは君達は善悪の判断を何でしますか。人によって異なるかもしれませんが、「法律ではなく、君達自身の良心」によってです。そしてその良心も完璧な者ではありません。でも自分で考えて君達小学校6年生の持っている良心に照らして考えてみても君達は誘惑に負け、間違えた判断をし、人を傷つけもします。それで「私は本当に自由だ」と言えるのでしょうか。私たち人間というのは、そういう意味では自由ではありません。いつも後悔ばかりしています。小学生には難しい内容かもしれません。でもこれからも自由について考える参考にしてください。
2015年10月13日
【中学】10月24日プレテスト受付期間延長!(20日まで)
 10月24日(土)、静岡学園中学校のプレテスト&学校説明会を開催いたします。

 プレテストは、「今」の実力を確かめる入試直前の力試しとして、また中学受験に少し興味があるという方でも参加可能ですので、ぜひお申し込みください。
※10月20日(火)まで受付期間を延長しました。それ以降のお申し込みは直接ご連絡ください。

プレテスト申込

 テスト終了後には、保護者の方も一緒に参加していただける「解説授業」もありますので、受験準備にお役立てください。

 また、参加していただいた方には、成績表と弱点克服課題をお送りします。

※当日、学校行事等で欠席の場合、お申し込みいただいている方には、後日問題をご自宅に郵送させていただきます。その場合、解答用紙を返送していただければ、採点の上、成績表と弱点克服課題をご用意します。

▼日程(10月24日)
08:00~08:20 受付
08:20~08:30 出席確認・諸注意
08:30~09:30 国語テスト
09:40~10:40 算数テスト
10:50~11:25 国語・解説
11:25~12:00 算数・解説
12:00~13:30 昼食
13:30~15:00 学校説明会

▼場所
静岡学園中学校・高等学校
〒420-0833 静岡市葵区東鷹匠町25

▼交通
・JR「静岡駅」下車徒歩20分
・しずてつジャストライン「横内町静岡鉄道入口」バス停下車徒歩4分
・静岡鉄道「音羽町駅」下車徒歩8分
※駐車場の用意がありませんので、公共交通機関をご利用の上ご来訪ください。
※お車で送迎をされる場合、乗降はきよみずさん通りではなく、校内で行ってください。
上記の通り駐車場はありませんが、やむを得ずお車でお越しの際は周辺の駐車場をご利用ください。

静岡学園周辺駐車場
https://www.google.com/maps/d/edit?mid=zaPy3tGiz7FY.kTSojTI5xjM4
※営業状況、駐車料金の詳細は現地でご確認ください。
2015年10月12日
【中学】SGT陶芸体験&個別相談会
 11月7日(土)、プレテストまたは学校説明会に参加していただいた小学6年生を対象に、シズガクゴールデンタイム(SGT)の陶芸体験&個別相談会を開催いたします。

 SGT陶芸講座を実際に体験したり、在校生と一緒に校内や部活動を見学したり、中学校生活のイメージを膨らませることができる機会になっております。さらにプレテストの結果をもとに、本番入試までの準備方法や受験への不安を解消するため、個別の相談会も実施いたしますので、ぜひご参加ください。

【中学】陶芸体験&相談会

▼実施概要
<日時>11月7日(土)13:00
<場所>静岡学園中学校
<対象>小学6年生
<参加>事前申込制(郵送・FAX・メール)
<備考>陶芸講座では20分程度の小作品を制作。作品は後日郵送。
2015年10月12日
【中学在校生】ラインズドリルについて
 「ラインズドリル」に取り組むことで、高校の授業を理解する上で求められる基礎学力だけでなく、各種資格試験や就職試験などで求められる一般常識につい ての知識も身につけることができます。 各家庭のパソコンや携帯端末(スマートフォンやタブレット)から利用できるので、自由な時間に学習ができます。

  なお、「ラインズドリル」自体の利用料金は本校で負担していますが、インターネット接続(通信など)にかかる費用は、ご家庭での負担となります。また、こ れは生徒が携帯端末を持つことを奨励しているわけではありません。インターネット接続については様々なリスクもありますので、保護者の指導のもとで行うよ うにしてください。

「ラインズドリル」を利用する場合には、どちらか希望するコースのアドレスにアクセスして下さい。
※IDとパスワードは入学関係書類に同封されている資料をご確認ください。

ベーシックコース

スタンダードコース

いずれのコースも、小学校から高校入学後に学ぶ範囲を含んでいます。全てに挑戦してみましょう。

「ラインズドリル」の操作などについて質問がある場合は、lines@shizugaku.ed.jp(管理者)まで メールして下さい。
Scroll up