• HOME>
  • 静学ブログ

静学ブログ

2016年08月30日
【静学からの挑戦状 Vol.4】

 静岡学園には、他の学校にない学びの機会があります。その一つが「緑風塾」ですが、高校1年で「学び学」を2年で「人生学」を学びます。小学生には名前からして難しい勉強なんだろうなと感ずるでしょう。でも「学ぶこと」は誰でもがいつもしていることですね。学校だけでなく、家庭でも、地域でも遊びの中でも多くのことを学んでいるのです。「学び学」とは「人間は何故学ぶのだろうか、学び続けるのだろうか」ということをみんなが話し合いながら自分の考えを深めていく時間です。

 さて、そこで皆さんへの問題ですが、あなたは何のために学んでいますか。あなたの考えを600字以内で書いてください。

2016年08月30日
[静学からの挑戦状 Vol.3]解答

Vol03解答


2016年08月27日
【台風10号について】
台風10号が接近しています。登校については、生徒手帳30ページの「※悪天候時の登校について」を確認し、的確な判断をしてください。
2016年08月24日
【高校】9月3日体験入学のご案内
平成28年度 第2回  体験入学スケジュール

●事前申込制。申込期限を延長しました。
直前まで申込可能ですので、申込フォームよりお申込ください。

実施要項(日程・講座一覧)

<9月3日(土)>
▼午前の部
08:30~09:30 受付
09:30~09:50 生徒による学校紹介
09:50~10:10 教育内容説明
10:10~10:30 移動
10:30~11:20 体験授業
11:20~12:00 校舎見学

▼午後の部
12:30~13:30 受付
13:30~13:50 生徒による学校紹介
13:50~14:10 教育内容説明
14:10~14:30 移動
14:30~15:20 体験授業
15:20~16:00 校舎見学・部活動見学

交 通 :
①JR「静岡駅」下車徒歩20分
②しずてつジャストライン「横内町静岡鉄道入口」バス停下車徒歩4分
③静岡鉄道「音羽町駅」下車徒歩8分

持ち物 :「体育館用の履物」、「靴袋」、熱中症対策に「お飲物」、「筆記用具」をご持参ください。

備考:
・駐車場の用意がありませんので、公共交通機関をご利用のうえご来訪ください。また、周辺道路の混雑も予想されるため、車での送迎もご遠慮ください。
・自転車は所定の駐輪場に施錠して置いてください。
2016年08月24日
【中学】9月3日体験入学のご案内
平成28年度 第2回  体験入学スケジュール

事前申込制です。申込期間を延長しました。
直前まで受け付けますので、申込がまだの方はこちらよりお申込ください。

実施要項

※体験授業は人数制限があるため、先着順となります。

▼9月3日(土)
08:30~09:30 受付
09:30~10:20 体験授業
10:30~11:20 学校説明会
交通:
①JR「静岡駅」下車徒歩20分
②しずてつジャストライン「横内町静岡鉄道入口」バス停下車徒歩4分
③静岡鉄道「音羽町駅」下車徒歩8分

持ち物:
「体育館用の履物」、「靴袋」、熱中症対策に「お飲物」、「筆記用具」「三角定規」をご持参ください。

備考:
・駐車場の用意がありませんので、公共交通機関をご利用のうえご来訪ください。また、周辺道路の混雑も予想されるため、車での送迎もご遠慮ください。
・自転車は所定の駐輪場に施錠して置いてください。
2016年08月22日
休校のお知らせ
現在暴風警報の発令されている地域が本校を含んでいるため、
本日は休校とします。
登校中の生徒については安全に注意し、
速やかに帰宅して下さい。
2016年08月15日
【静学からの挑戦状 Vol.2】解答例

 夏は海。焼き尽くすような陽の下の海。波を切って泳ぐ自分はまだ若い。シュノーケルで魚など水中の生物を見て泳ぐのも一興だ。海藻の中に隠れている魚を見つけるのは楽しい。

ゴムボートを浮かべ全てを忘れ、我が身を波に任せゆらゆらとさまようのはまた格別だ。時々沖を行くモーターボートの波が我が身を揺するのも良い。夏の海を楽しむ若者や子供たちの声も耳に心地よい。時折歓声とともにビーチボールが飛んでくるのもよし。

近くの岩場の周りを巡り、蟹、ヤドカリ、小魚を探すのもいい。つぼや舟虫など別世界を見ているようだ。

遠浅の長く続く白浜。テントの群れの中にカラフルなパラソルの花が咲く。バーベキューに興ずる家族づれに若者たち。ビールを飲んで海に入るのはいただけないが、海辺で楽しむのはいい。暑さの中で炭火が一層の熱さを呼ぶ。

可愛いビキニ姿の少女、若いお父さんに手を引かれ水辺を散歩するのはほのぼのとしている。また、水が怖くてお母さんにしがみつく泣きべその男の子も愛らしい。波寄せる浜辺で水を掛け合い互いの愛情を確かめ合う若いカップルもいい。

さらに、夏の海は、サンライズ、サンセットの海辺を一人裸足で浅瀬を散歩するのもよい。

 

私の【解答例】はいかがですか。夏休みにはみなさんが家族で思い出作りをしてくれたらいいなと思っています。

2016年08月15日
【静学からの挑戦状 Vol.3】

前回の[Vol.1]と比べると、非常に簡単な問題です。たし算と奇数、偶数の定義だけ知っていればできる問題です。

 

[問題1]

S=1+2+3+4+・・・・・+99 は、奇数ですか、偶数ですか、答えなさい。どのように答えを見つけたのかも書いてください。

 

[問題2]

S=10+11+12+13+・・・・・+1000 は、奇数ですか、偶数ですか、答えなさい。

答えを見つける方法を、できるだけ多く説明してください。最低3つ以上の方法を見つけてください。難しくはありません。答えを出す方法は一通りではないこと、できるだけ良い方法を考える習慣を身につけてほしいと思います。

2016年08月03日
[静学からの挑戦状 Vol.1]解答
Vol01解答_08







2016年08月01日
【静学からの挑戦状 Vol.2】
 日本には四季があり、その季節毎に景色や自然を楽しんでいます。平安時代に清少納言が書いた「枕草子(まくらのそうし)」の一段「春はあけぼの」に「夏は夜。月のころはさらなり。やみもなほ(お)、ほたるの多く飛び違ひ(い)たる。また、ただひとつふたつなど、ほのかにうち光て行くもをかし。雨など降るもをかし。」とあります。
 現代語訳をしてみると「夏は夜(にかぎる)。月のあるころ(のおもしろいの)は言うまでもなく、闇夜でもやはり、ほたるがたくさん入り乱れて飛んでいるの(はおもしろい)。また、ほんの一匹か二匹なんかが、かすかに光って飛んで行くのもおもしろい。(夏の夜は)雨などが降るのもおもしろい。」となるのでしょうか。
 さあ、問題です。皆さんは夏のどんなところが好き、良いと思いますか。気に入っていますか。情景が分かるように、その良さを600字以内で書いてください。「・・・と思います」という言い方でなく、清少納言のように「夏は・・・。・・・がいい。」と言い切って書いてください。
Scroll up