• HOME>
  • 静学ブログ

静学ブログ

2016年10月31日
SGT「Macbook Airで学ぶゲームプログラミング講座」受講者募集
2020年から小学校からの必修化も決定し、何かと話題のプログラミング教室。そんなプログラミングを使ってゲーム制作を実践していく講座がSGTに登場します。講座を担当するのは、静岡市内で本格的なプログラミングスクールを運営し、多くのメディアにも取り上げられている「D-SCHOOL」。楽しくわかりやすい全5回のカリキュラム。参加費用はもちろん無料です。

<カリキュラム内容>
第1回:          プログラミングの基礎を学習
第2・3・4回: 毎回テーマを決めてゲーム制作
第5回:          自由にカスタマイズしたオリジナルなゲームをプレゼンテーション

【日時】 第1回 11月15日(火)15:25~
     第2回 11月22日(火)15:25~
     第3回 11月29日(火)15:25~
     第4回 12月 8日(木)13:30~
     第5回 12月20日(火)15:25~
             ※各回90分の予定
【対象】本校高校生の希望者(全5回すべてに出席できる人)
【場所】教育棟3階 物理実験室(予定)
【定員】10名
受講希望者は11月11日(金)帰りのHRまでに教員室前の出席登録表に記名してください。
2016年10月30日
【静学からの挑戦状 Vol.8】

 「人」は物事を見たり考えたりするとき、当然、自分の目で見、自分の頭で考える。そして、あくまで自分の立場から見て考えて判断する。さて、それでも君たちにはいろいろな立場(立ち位置と言ってもいい)がある。

 例えば、君はまず「人間である」「お父さんとお母さんの子供であり家族の一員である」「○○小学校の生徒である」もしかしたら「○○クラブの一員である」かもしれない。「学級委員長とか児童会の役員」かもしれない。そこで今回君たちには「 小学校のクラス担任」になってもらいたい。当然担任はいろいろな生徒がいる君のクラスを理想のクラスにしたいと考えるだろう。
 

    さあ、今回の問題です。小学校のクラス担任になったつもりで、君は自分が担当したクラスをどのようなクラスにしたいか、600字以内で書いてください。クラスにはいろいろな子供達がいてクラス担任の先生は大変です。でもそれが先生の「やりがい」でもあるのですが。

2016年10月30日
【静学からの挑戦状Vol.7】解答例
vol_7_1030

2016年10月15日
【静学からの挑戦状Vol.7】

[問] 5で割ったら3余り、7で割ったら2余る自然数のうち最小の数を求めよ。

「この問題は学校でも習ったよ。問題集にものっているよ。」と思う人も多いと思います。きっとすぐに答えも見つけられるでしょう。
でも挑戦状の問題はここからです。

[問題1] 上の問は数の問題です。私たちは毎日、日常の生活を送っています。その生活の中で、実質的にこの問を解くのと同じ問題に出会います。さあ、実生活の香りがするような問題、本質は上の問を解くのと同じになる「文章題」を2つ作って下さい。

[問題2] [問]を3つの方法で解いてください。

[問題3] 5で割ったら2余り、7で割ったら5余り、さらに9で割ったら3余るような最小の自然数を求めなさい。
 

2016年10月15日
【静学からの挑戦状Vol.6】解答例

私の唯一の「宝」は、「家族」と言うしかありません。母、妻、子供たち、孫たちです。「愛する者」を宝と思わない人はいません。しかし、こんな答えなら誰もが持つ共通の答えでしょう。もちろんそう答えてくれてよいのです。私は少し違う答えを用意しました。恩師からのプレゼントと奥様からの言葉です。

 恩師は、高校の数学の教師、担任、生徒会の担当で3年間ずっとお世話になった先生です。授業中居眠りをしていようものなら男子、女子にかかわらず、学校中に響き渡るような声で「顔を洗ってこい!」と怒鳴りつけました。現在の生徒や保護者の方ならなんと言うでしょう。

 先生は、私が大学の数学科を受験し合格した時、自分のことのように喜んでくださいました。そして、東大の教授だった高木貞治著「解析概論」(数学を学ぶ学生のバイブル)と岩波書店出版の「数学辞典」をプレゼントしてくださいました。この二冊の本は今も手元に置いてある宝です。数学の厳しさと面白さを教えて下さいました。そして何より「数学の教師」になることを喜んでくださいました。県の採用試験に合格しその報告のためにお宅を訪問した時、国語の教師をしていた(当時は専業主婦だった)奥様がこんなことを言ってくださいました。「良い教師とはオーケストラの指揮者でもあり、役者のような人だと思うわ。」字数がないのでこの言葉の説明は止めておきましょう。でもこの言葉は、教師になってから何度も実感させられ続けている言葉です。

2016年10月13日
平成28年度「後期授業公開週間」のお知らせ
 本校では多様な角度から授業を分析し、改善していく雰囲気を校内に醸成することを目的に、職員研修の一環として『授業公開週間』を設けております。この機会に「ふだんの授業」の様子をご覧いただきたい、ご意見ご感想をお聞かせいただければと考えております。

 つきましては、何かとご多用とは存じますが、お誘い合わせの上ご来校下さいますようご案内申し上げます。
(下記期間内のご都合のよい時間にご来校下さい。)

日時:平成28年 11月7日(月)~11月11日(金)8:30 ~ 16:15
      
場所:本校各教室及び実習場所

授業:【すべての授業】

対象:本校保護者・地域の方々・地域小中学校教員の皆様、他

実施概要をダウンロード
2016年10月06日
【中学】11月5日陶芸体験・学校見学会・個別相談会について
11月5日(土)に開催予定の静岡学園中学校「SGT陶芸体験・学校見学会・個別相談会」について、多くの児童、保護者様にお申し込みいただきまして、誠にありがとうございます。

①SGT陶芸体験お申込締切について
「SGT陶芸体験」は、多数の方にお申し込みいただいているため、お受けできる人数に限りがあることから、申込期限を10月18日(火)までとさせていただきます。期限を過ぎてお申込みいただいた方へは、お断りのご連絡をいたしますので、予めご了承ください。
尚、「学校見学会」「個別相談会」は従来とおり申込期限は10月28日(金)です。

②学校見学会での「ALT英会話」の見学について
「学校見学会」では、生徒が校舎内をご案内し、部活動(予定:理科部、書道部、華道部、茶道部、美術部)の見学に加えて、「ALTによる少人数英会話授業」をご覧いただきます。本校のインターナショナルプログラムを是非ご参観ください。

お申込フォームへ
Scroll up