中高一貫教育

中高一貫の学びを通して、人間性、知性と志を育む6年間。

高校、大学へ、さらに社会に出てからも学び続け、成長し続けるために、知的好奇心を刺激し、
やる気と楽しさを持ち、自分で深く考えることを重視します。静岡学園での中高6年間を通して、
ひとりひとりが教養を高め、物事に自ら積極的に関わろうとする姿勢を育てます。

高校からは「教養科学科」へ
難関国公立大学への進学、そして各分野のスペシャリストを目指す「探究系」
教養科学科で学ぶ高校では生徒全員の希望大学現役合格を目指し、系統別のコース(探究文系・探究理系・人文系・社会系・物性系・生命系)を採用しています。中高一貫生は、教養科学科のけん引者として難関国公立大学や国公立の医歯薬系学部への進学を目指す「探究系」に進みます。
「基本科目」+「専門科目」のカリキュラム
先取りを行う英・数・理をはじめとした「基本科目」の習得に加え、知識を掘り下げ、教養を深める
静岡学園独自の「専門科目」を高校のカリキュラムに組み入れています。
さらに学びの幅を広げ、深めていく「特別プログラム」
「教養科学科」の学びを一歩広げ、知的好奇心を刺激し、学ぶ楽しさを体感するプログラム、
学びや人生の意味を考える講義や体験学習の機会を数多く設けています。

大学入試制度改革対策

新しい教育・入試制度へいち早く対応

自分で課題を見つけ、調べ、深く考える力を養います。考えをまとめ相手に伝え、
議論を深める経験が生き抜く力を育てます。

新大学入試制度に向けた取り組み
「+αの力」を育む多様な探究プログラム「教養科学の樹 スタート」
授業や部活動だ個々の「+αの力」=可能けでなく、性を育むため、たとえば興味ある新聞記事をもとに自ら調べ、意見をまとめる「教養科学の樹」をはじめ、多様な探究プログラムを通して、学力を多面的、総合的に見極める新制度に対応します。
グローバル教育「英検&イングリッシュ体験の実施」
新たに導入される入試制度では、グローバル化に対応した英語技能が求められます。そこで静岡学園では中学卒業までに全生徒の「英検準2級合格」を目指すほか、海外留学プログラムや、生徒5〜6名にALTが1名対応する英語漬け体験「イングリッシュキャンプ」を実施します。興味や楽しみを持って取り組むことで英検3級は中2生の7割、準2級は中3生の5割が取得しています。
グローバル社会への第一歩「中3生は全員海外研修」
ハワイ・オアフ島のハワイ州立大学を訪問します。日本と異なる考え方や生活に触れ、自分達との類似点や相違点についてグループごと現地学生と話し合います。世界の中の日本を意識し、多様な価値観に触れることで、今後の留学や海外での仕事などへの足がかりとします。
Scroll up